language language
Global
search

ステークホルダーとともに

お取引先の皆様との協力体制強化

千代田グループは、日々高まる難度の高いご要求に応えるようチャレンジを続けています。要求品質、要求納期を満足し完工するためには、膨大な物量の機器資材の製造・供給を委託するお取引先との最適な協業体制で取り組むことがますます重要となっています。昨今ますます高まっている社会的要請であるコンプライアンス遵守と千代田グループの経営理念、CSRバリューに加え、様々なルールの理解を求める取り組みをお取引先にも働きかけ、その重要さを共有しています。

具体的な取り組み事例

  • お取引先と定期的に開催する「千代田化工建設工事協力会」の総会にて「千代田グループCSRハンドブック」の配布
  • 協力会社各社への「千代田化工建設のCSRへの取り組みについて」の送付および、当社との取引においての遵守・徹底

なお、協力会社との間で締結する標準取引約款において、建設業法、労働基準法、職業安定法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、その他関係法令の遵守を規定しており、更に反社会的勢力の排除を目的とした反社会的勢力排除条項を盛り込むなど、お取引先を含めたサプライチェーン全体でのCSR調達を推進しています。

Chiyoda-Almanaでの持続可能性への取り組み

エネルギーをみんなにそしてクリーンに つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を

エネルギーをみんなにそしてクリーンに つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を

Chiyoda-Almanaは、労働安全衛生・品質・環境について国際規格の認証取得を強化することで、顧客やステークホルダーのニーズと期待に確実に応えるとともに、信頼される企業として持続可能な社会の実現に貢献しています。

環境への取り組み
低炭素化社会に向け、フレアガス*の最小化への関心の高まりを受け、CO₂排出量の削減を目指し、発生したガスを燃やすのではなく再利用することを目標に、顧客とともにFlare Reduction Project(FRP)を立ち上げて取り組んできました。2015年にフレアガス低減の基本設計を完了後、2017年にはEPC業務を受注し、現在も遂行中です。

品質への取り組み
FRPチームは、2018年11月22日に本プロジェクトに携わった協力企業とともに「World Quality Day 2018」を開催しました。参加企業はさらなるフレアガス低減に向けた品質向上をアピールし、チーム一丸となって取り組んでいます。また、Chiyoda-Almanaでは、品質認証規格であるISO9001に沿った手順で品質を保証しています。毎年すべての遂行プロジェクトについてパフォーマンス評価キャンペーンを実施し、顧客からもフィードバックを受領して対話しながら積極的に対応しています。

国際規格の認証取得
事業を通じた品質や環境の取り組みに加え、事業運営の文書化、管理および改善を目指したフレームワークとして統合管理システム(IMS)を開発しました。 2019年1月から2月にかけて、労働安全衛生・品質・環境および社会的責任分野における適合性評価を行う第三者機関であるビューロベリタス社よりIMS認証審査を受け、以下を達成しました。
 ● 労働安全衛生に関する新たなISO45001の認証取得
 ● IMS取得によるISO9001・ISO14001・ISO45001の統合
 ● リスク管理システムとして新たにISO31000を導入

*:LNGプラント稼働時に出る余剰ガスを、無害化するため焼却する際に出る炎。これらを煙突の先(フレアスタック)で燃やすことで、ある程度無害化しているが、地球温暖化ガス削減の観点から対策が求められている。

IMS取得によるISO9001・ISO14001・ISO45001の統合

World Quality Day 2018

ドンギ・スノロLNG社向けAI技術の提供

エネルギーをみんなにそしてクリーンに 産業と技術革新の基盤を作ろう

エネルギーをみんなにそしてクリーンに 産業と技術革新の基盤を作ろう

当社はインドネシアのドンギ・スノロLNG社の稼働中LNGプラント向けに、生産効率の向上を目的とした人工知能(LNG Plant AI Optimizer™)を開発し、運転支援を開始しました。本件は世界で初めてディープラーニング*の人工知能技術を稼働中のLNGプラントに適用する案件であり、プラントの設備の改造を伴うことなく、安全かつ短期間にLNG増産を実現できる革新的な技術です。
当社は、顧客の資産価値向上に資するデジタル技術の提供に引き続き取り組んでまいります。

*:コンピューターによる機械学習で、人間の脳神経回路を模したニューラルネットワークを多層的にすることで、コンピューター自らがデータに含まれる潜在的な特徴を捉え、より正確で効率的な判断を実現させる技術や手法