language language
Global
search

CEOメッセージ

ステークホルダーの皆さまへ

ステークホルダーの皆さまにおかれては、平素より当社グループの事業活動に対して深いご理解と格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

2020年3月期は、新中期経営計画「再生計画~再生と未来に向けたビジョン~」をスタートさせ、第三者割当増資を実行し財務基盤を強化するとともに、ガバナンス体制を見直しました。同時に、リスク管理体制の高度化とプロジェクト支援体制の強化を行い、手持ち案件の着実な遂行に注力することで、再生に向けた取り組みを着実に進めました。

新型コロナウイルス感染症の拡大及び原油・ガス価格の大幅な下落により事業環境は大きく変化しています。当社はデジタル技術を活用してEPC遂行能力をさらに向上させ、脱炭素化社会への潮流を捉えて新エネルギーや医薬・ライフサイエンス分野を拡大し、「エンジニアリング価値の再定義」の取り組みを加速することで、事業ポートフォリオを変革し、安定的な収益体質の確立を目指してまいります。

また、このたび、アニュアルレポート(財務情報)とサステナビリティレポート(非財務情報)を統合して「CHIYODA REPORT 2020」を発刊しました。持続的な成長に向けた経営方針、事業活動の状況やESG(環境・社会・企業統治)の取り組みをお伝えしています。企業価値の向上に向けて、ステークホルダーの皆さまとのさらなる対話につなげていきたいと考えています。是非ご覧ください。

世界トップのエンジニアリング総合サービス事業会社となるべく、千代田グループの役職員一同、努めてまいりますので、引き続き、ステークホルダーの皆さまのご理解ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

千代田化工建設株式会社
代表取締役会長 CEO兼CWO 大河 一司