CEOメッセージ

ステークホルダーの皆さまへ

平素より当社グループの事業活動に対して深いご理解と格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

2021年3月期は中期経営計画「再生計画~再生と未来に向けたビジョン~」に基づき、財務基盤の健全化、人財開発方針の策定、リスク管理の高度化、プロジェクト遂行力の強化などの施策を実行し、カタールで大型LNG案件受注、手持ち案件の着実な遂行により、再生と成長に向けた取り組みを進めました。

事業環境が大きく変化している中、当社グループは、脱炭素社会への移行の加速を当社の未来を拓く成長戦略として先取りし、経営の重点施策の一翼に位置付けてきました。
本年5月には中期経営計画をアップデートし、当面の安定収益を支える既存事業の深化と当社の未来を拓く新規事業探索・深耕の双方を進めることとしています。
既存のEPC事業で確り収益を確保しながら、再生可能エネルギー、水素・脱炭素、医薬・ライフサイエンスなどの新規事業を強化し、デジタルトランスフォーメーションを通じたビジネスモデルの付加価値向上を図ることで、安定的な収益基盤を確立すると共に、事業ポートフォリオの変革を目指してまいります。

こうした当社グループの事業活動やSDGs、ESG(環境・社会・企業統治)の取り組みについては、様々な機会を通してステークホルダーの皆さまにお伝えし、ステークホルダーの皆さまとのさらなる対話を通じて企業価値の一層の向上を図ってまいりたいと考えています。

当社グループは、カーボンニュートラルの実現に貢献する環境価値・社会価値を提供することで、社会並びに全てのステークホルダーから信頼され続ける企業を目指していきます。
引き続き、ステークホルダーの皆さまの変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

千代田化工建設株式会社
代表取締役会長CEO兼CWO 榊田 雅和